S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

カレンダー&過去ログ

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

シマママ

Author:シマママ
タイトル猫:
シマことシマ・マ・マーニャは2014年3月17日未明に永眠しましたが、これからもいつもどこかでシマママファミリーを観察していきます!

作成人:シマママ
ご縁があって、某鉄道会社の一般事務員として働いているOL。鉄道のことは詳しくないので、私に鉄道のことは聞かないでください…。多趣味。好奇心旺盛だけど飽きっぽいのがたまにキズ(^^;)。

作成人:シマパパ
シマママの旦那さん。PCとか、画像処理とか、イラストとか、そういうことが得意。

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなことからコツコツと。




東神奈川にある、かなっくホールで開催されていた、にゃんだーガード/中川こうじ写真展に行ってきました。

横浜会場での会期は本日まででしたが、今後、埼玉や新宿でも開催予定だそうです。

にゃんだーガードは、昨年4月にシマママが1日だけ伺った、福島県の被災動物保護シェルター。
月に1回は行きたい!と思っていたのですが、時間とお金の余裕がなくて結局出かけられていませんでした。

会場には、解説文と一緒に、シェルターにいる子(いた子)などの写真が展示されていました。
また、福島第一原発1号機20km圏内の現状(そこには見るも無残な動物たちの姿も写されていました)を紹介している小部屋もありました。

東日本大震災から2年。
小さな歩みながらも、多くの方々の努力で少しずつ復興作業は進められています。

しかし、あの時。
原発事故に巻き込まれた地域では、動物たちが政府の命により見捨てられる結果となりました。
今も、20km圏内には行き場なく、にゃんだーガードのようなボランティア団体の給餌によって命をつないでいる小さな命たちがあります。

どんな小さなことでも、私たちにできることから、少しずつお手伝いを続けなければ…。

その思いを強くさせる写真展でした。

にゃんだーガードのホームページはこちらです→http://nyanderguard.org/

不足物資のお手伝い、支援金の送付、グッズの購入、現地でのボランティア、ペットの一時預かり、里親になる、そして情報の拡散だけでも手助けになることと思います。

できることを、コツコツと。
忘れずに、続けたいですね。

スポンサーサイト
トリプルアニバーサリー | HOME | 苦しくない?

Comment

シマママさんがお手伝いに出かけて1年!
東日本大震災から2年!
時間だけはあっと言う間に過ぎますね。
命の数はみんな同じで大切な1こ。
被災地に安心と安全が戻るといいなぁ。。。
2013/03/21 12:58 | URL | kero2 #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。