S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02« 2017/03 »03

カレンダー&過去ログ

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:シマママ
タイトル猫:
シマことシマ・マ・マーニャは2014年3月17日未明に永眠しましたが、これからもいつもどこかでシマママファミリーを観察していきます!

作成人:シマママ
ご縁があって、某鉄道会社の一般事務員として働いているOL。鉄道のことは詳しくないので、私に鉄道のことは聞かないでください…。多趣味。好奇心旺盛だけど飽きっぽいのがたまにキズ(^^;)。

作成人:シマパパ
シマママの旦那さん。PCとか、画像処理とか、イラストとか、そういうことが得意。

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

たまちゃん。


TAMA2.jpg うずらちゃんのお家はお蕎麦屋さん。 そのお店の常連さんが面倒をみていた街猫さんの内の一匹・たまちゃん。 このたまちゃん、15歳になった昨年末だったか、今年初めだったかに姿を現さなくなったのだそうです。
不意に戻ってくるかもしれない、その期待を持って、そしてその不意の時に備えて、常連さんは他の猫さんを家猫として迎えることも控えていました。 しかし、数か月経っても戻っては来ません。 これだけ待っても戻ってこない。もう、いいのかなぁ。 そこで、常連さんと蕎麦屋の女将さんの希望を受けて、シマパパがたまちゃんを絵にしました。 たまちゃんは、街猫さんらしく、人に懐かない子だったそうで、常連さんがお世話をしていた間に撮影した写真は、たった2枚。 そのうちの1枚から描き起した絵です。 物陰から警戒している様がよーくわかります(^^)。 ここのところ、絵の教室の関係もあってポップイラストを中心に描いていたこともあり、輪郭をクッキリと比較的お手軽に描くタイプのイラストが多かったシマパパ。 このたまちゃんは、もう既に姿を消してしまった猫さんで、常連さんの思い出がたくさんの猫さんなので、毛並みの一本一本まで描きこむように、とても繊細なタッチで描きあげたそうです。 小さい絵ながら、かなりの時間を費やして描いていました。 シマママに言わせると、シマパパが最近描いた作品の中でも傑作だと思っています。 この絵を差し上げた常連さんは「そっくり!」と喜んでくれたそうです。 そして、この絵は周囲の方にも結構人気が高いんです(^^)。 今、京急線・金沢文庫駅の観光名所・称名寺近くにあるギャラリーカフェ・ばおばぶで、この絵葉書を置いてもらって(販売してもらって)います。 お近くへお寄りの際は、ばおばぶでたまちゃんに会ってみてください。
スポンサーサイト
納豆バトン | HOME | 新たな猫ロード発見

Comment

たまちゃんは何処に行ったのかな・・・
可愛がって貰っても決して心を開けない
小さい頃からの何かがあったのでしょうね
今、姿は見えなくても皆の心の中に住み着いてる
心配でしょうが気長に待ってみましょうかね
シマパパさんの絵が見たかったなぁ
2007/08/08 14:12 | URL | murasakiiro #79D/WHSg [ Edit ]
☆murasakiiroさん☆
あ、この画像、シマパパの絵なんですよ(^-^)。
本物みたいでしょ?
とりいそぎ、そのことだけ…。
2007/08/08 16:45 | URL | シマママ #79D/WHSg [ Edit ]
てっきり写真かと思いました!
シマパパさん、さすがですね。
今度シマちゃんの絵も描いてもらって、ぜひこのブログでお披露目をして欲しいな~!
2007/08/08 22:41 | URL | nyan #79D/WHSg [ Edit ]
絵も何か心に通じるものがあるのですね。我が家にも先々代のニャン子の絵を残してありますがいつ見てもまるで生きているようですよ。
2007/08/09 15:21 | URL | ドロンケン #79D/WHSg [ Edit ]
男のコはふらりと冒険に出て、少し経つと戻ってくることがあったりしますよね。
たまちゃん、どこかで元気にしていてくれるといいですね。
絵の中のたまちゃん、警戒していながらもしっかりとこちらを見ていますよね。
こんな風にみんなの心に残る姿を絵に・・
素敵です^^
2007/08/10 17:20 | URL | もも #79D/WHSg [ Edit ]
シマママさん、こんばんは
シマパパさんの画、素敵ですね。
近所に住んでいたらギャラリーにお邪魔したかったな…。
たまちゃんの警戒し切った雰囲気を醸し出しながらも
温かい体温が感じられるやさしい画だなぁと思いました。
たまちゃん、どうしたのかなぁ。
どこかで幸せにしている、って思いたくなりました。
2007/08/10 23:16 | URL | 雨がえる #79D/WHSg [ Edit ]
「民子」のように、「おめでとう」を言いに帰ってくるのかニャ?
2007/08/11 10:15 | URL | 内部正明 #79D/WHSg [ Edit ]
☆murasakiiroさん☆
改めまして(^^)。
このあたりの人たちは、猫好きが多いようですが、中には猛烈に嫌いな方もいらっしゃるということなのです。
なので、嫌な思いをしたことがあったのかもしれません。
でも、こんなに思ってくれる人がいるということを、たまちゃんもきっとわかっていたと思います。
☆nyanさん☆
今回の絵は、たまちゃんが姿を現さなくなってしまっている事もあり、お世話をしていた方の思いをつぶさないように描かなくてはならないと、シマパパはかなり時間を使って大切に、大切に描いたようです。
「シマの絵は描かないかなぁ」
って、シマパパ言ってました(^^;)。
でも、シマの絵は目をつぶってでも描けるとも、前に言っていましたよ。
☆ドロンケンさん☆
ドロンケンさんは写真でその風景を切り取り、空気を伝えてらっしゃいますものね。
絵は、その被写体(というかモチーフというか)とじっくり向き合い、そこから色々な情報を読み取り、自分の中で消化して描いていくようです。
表現方法は違えども、人の心に伝わるものを生み出せるということは素晴らしいことです。
☆ももさん☆
お借りした写真は、古くなった感じのこの写真を可愛い紙のフレームに挟んだものでした。
たった2枚しかない写真の中で、それでもしっかり映っていたのがこの1枚だけ。
でも、真正面から映ってますよね。
しっかりとこちらを見ています。
もう、姿を現さなくなって半年以上経ってしまいました。
もう会えない可能性の方が高いけど、こうして絵になっていつもこちらを見つめてくれていると考えると、なんだか身近なきもちにもなりませんか?
☆雨がえるさん☆
>たまちゃんの警戒し切った雰囲気を醸し出しながらも
温かい体温が感じられるやさしい画
ありがとうございます!
とても嬉しい言葉です。
生で見てもらえると、もっともっと生き物の温もりを感じてもらえるのですが…。
カフェ&ギャラリー、シュウマイの町へお越しの際は、ぜひ金沢文庫観光をして立ち寄ってみてください(^^)。
☆内部正明さん☆
そうですね、ふらりと帰ってきてくれると嬉しいのですが(^^)。
2007/08/11 10:51 | URL | シマママ #79D/WHSg [ Edit ]
きのうはお腹も予想したいです。
だけど、にゃんたろうと興奮するはずだったみたい。
2007/08/13 09:46 | URL | BlogPetの寝子 #79D/WHSg [ Edit ]
写真だとばっかり・・これが絵だったんだとびっくり!
でも、大きくしてみて、、尚びっくりでしたけどね。
たまちゃんの表情に、警戒している様子がしっかり読み取れるのに、
かわいさもばっちり!
こんな優しい猫の絵を書けるシマパパさんにお会いしたい!なんて。。
たまちゃん、こうしてみんなの心に残って、幸せですね。
2007/08/13 13:23 | URL | yuu-min #79D/WHSg [ Edit ]
凄い!絵なんですね!ホントに猫さんがそこにいるみたい!!
ここまで描けるのは、絵の上手さだけでなく猫さんへの愛情もあり、常連さんの気持ちが分かるからだと思います。
ステキなプレゼントですね(^-^)丿
2007/08/16 08:19 | URL | くろこ #79D/WHSg [ Edit ]
シマパパに会ったら伝えなきゃと思いつつ忘れて…タマチャンの育ての親?がハガキを見て、とっても感謝してました☆ノラ猫なのに…こんな風にハガキで残して貰って『幸せな猫』だって!でもそんなタマチャンを15年も面倒見た彼女もエライよね(^O^)
2007/09/14 18:12 | URL | うーちゃんママ #79D/WHSg [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |