S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

カレンダー&過去ログ

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

シマママ

Author:シマママ
タイトル猫:
シマことシマ・マ・マーニャは2014年3月17日未明に永眠しましたが、これからもいつもどこかでシマママファミリーを観察していきます!

作成人:シマママ
ご縁があって、某鉄道会社の一般事務員として働いているOL。鉄道のことは詳しくないので、私に鉄道のことは聞かないでください…。多趣味。好奇心旺盛だけど飽きっぽいのがたまにキズ(^^;)。

作成人:シマパパ
シマママの旦那さん。PCとか、画像処理とか、イラストとか、そういうことが得意。

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイスセミナーに参加しました

PCM_07_02_09_0001.jpg
昨日は漢方講座の日。 テーマはスパイスでした。 普段、料理の隠し味的にしか気にした事のないスパイスですが、その歴史は古く、また効用もさまざまでした。 画像は、講座の中で調合した五香粉(ごこうふん)というスパイスです。 中華風にアレンジするときに使うもので、桂皮(ニッキ)、丁子(クローブ)、陳皮(みかんの皮)、ウイキョウ(茴香・フェンネル)、山椒が調合されています。 昨日は、この他にカレーなどで良く使われるガラムマサラも作りました。 では、昨日の講座の内容を振り返ってみましょう。
世界4大文明にあげられるチグリス・ユーフラテス河畔、ナイル河畔の渓谷で発見された壁画に、病気(腹痛)の治療にスパイスを使っていたという記録があるそうです。 この時に使われていたスパイスはオレガノ、タイム、サフラン、フェンネル、デイル、クミンだったそうです。 最近でもハーブとして有名なものばかりですね。 紀元前4世紀頃の古代ギリシア人・ヒポクラテスらはハーブを薬草として研究をはじめ、紀元1世紀頃の古代ローマ人・ガレヌスはそれらをリストにして古代西洋医学をまとめました。 時は下って3世紀になると、中国でも「寒傷論(かんしょうろん)」が完成。 東洋では漢方薬として、西洋ではスパイスとしての研究が盛んになったといいます。 13世紀。ヨーロッパではペストが大流行。 このとき、世界3大スパイスにあげられる丁子(クローブ)の強力な殺菌作用が注目を浴び、ヨーロッパの貴婦人はクローブを使って「ポマンダー」をつくり、虫除けに使うようになったといいます。 注)ポマンダーとは、もともと金や象牙でできた穴のあいた容器のなかにハーブなどを詰めたもので、貴婦人がネックレスのようにしたり、ペストに感染しないよう持ち歩いたといいます。 現在はオレンジやアップルなどのフルーツにクローブを 刺したものが一般的で、殺菌効果・防臭効果・虫よけ効果もあるため、キッチンなどの香りのインテリアとして利用されています。 最近オーラソーマなどで流行っている「ポマンダー」とは形態が違うようです。 15世紀頃まで、アラブの商人がスパイス貿易を独占し、暴利をむさぼっていました。 インドネシアのスパイス諸島で集められたスパイスはマラッカ海峡を通り、インド東海岸でセイロン島で採取される胡椒などと一緒にされてイラン・イラクを通り、アラビアの砂漠を旅してギリシア、ローマ、ヨーロッパへ運ばれました。 「シルクロード」は「スパイスロード」でもあったわけです。 日本の正倉院にも当時の胡椒粒が残っているとか。 スパイスの価格は長旅の間に高騰しました。 マラッカ海峡で10倍になった価格は、インドで30?50倍に、ヨーロッパに到着するころには、500?1000倍にまで高騰していたとのこと。 それでも、ヨーロッパ人がスパイスを欲したのは、肉食の生臭さを解消するために、また、防虫、殺菌のためだったようです。 ヨーロッパ人は、スパイスをもっと安価に手に入れたいと海に乗り出しました。 それが大航海時代の幕開けでもあったといいます。 また、スパイスをめぐって戦争が勃発。 15世紀後半にはポルトガルがスパイス貿易を独占するようになり、その後も戦争が起こるたびにスペイン、オランダ、イギリスへと支配権が移動していったといいます。 さて、ポルトガルがスパイス貿易を独占していた1543年。 中国(明)へスパイスを運ぶ途中の船が難破し、日本の種子島に漂着しました。 同船していたポルトガル人が鉄砲を献上したのが、日本への鉄砲伝来でもありました。 スパイス貿易は、このようなところで日本の文化にも影響していたわけですね。 スパイスの集大成とも言えるカレー。 現在、よく使われるカレー粉は、イギリス人がインド侵略の折に考案したものだそうです。 ブレンドによって、用いられる生薬はさまざまだと思いますが、その多くが胃の働きを良くしたり、ガス抜きをしたりするもの。 食欲が沸かないときは、あまり食べたいと思わないものですが、夏ばてなど、食が細くなっているときに食べると良いと言われるには、わけがありそうですよ。 一振りで味を変えるスパイスの数々。 いわゆるスパイス類のほか、ハーブと呼ばれるもの、日本で良く使われる「薬味」もスパイスの一種です。 今日から、その歴史や効能にも気を配って使ってみると、食べることがもっと楽しくなりそうです。
スポンサーサイト
あったかいニャ? | HOME | きょう寝子が感謝しないです(BlogPet)

Comment

スパイスは今や人類に欠かせないものですが、ワンニャンにはダメなんだニャ・・・
2007/02/10 15:53 | URL | 内部正明 #79D/WHSg [ Edit ]
シマママさん、こんにちは♪
私は辛いものはだめなのですが、スパイスは好きなんですよね~。
東南アジア料理などは本当にいろんなスパイスが入っていて、何が入っているかわからないけど、とにかくおいしい!という感じです(笑)。
料理に味や香りを添えるだけでなく、体にも効いてしまうんですから、本当にスパイスって凄いですよね。
私もこの講座受けたいわ~。
2007/02/10 16:40 | URL | nyan #79D/WHSg [ Edit ]
シマママさん!ちびどんや我が家の事心配して頂いてありがとうございます!
シマママさんの所からリンクを貼ってくれた方もありがとうございます!
ちびどん、まだ予断を許さない状態ですが
今日はなんとか昨日よりは良くなっていました。
ブログペットの寝子ちゃんの所へメールを送らせて頂きました。
2007/02/10 22:59 | URL | みんくる #79D/WHSg [ Edit ]
☆内部正明さん☆
あぁ、ワンニャンは駄目ですね(^^;)。
人世界では、減塩に役立ちそうだと最近、またブームが起こりつつあるらしいですよ。
☆nyanさん☆
あら、nyanさん興味が沸きましたか?
今日は、さっそくカレーを作り、ガラムマサラとハバネロを少々加えてみました!
あと、ニンニクと生姜も。
市販のカレールーを使っていますが、ちょっと華やかなスパイシーな味になりましたよ!
☆みんくるさん☆
メールありがとうございます。
先ほど拝見しましたよ。
みんくるさん、頑張りすぎないでくださいね。
ただただ、納得できる結果が得られることを祈るばかりです。
2007/02/11 00:21 | URL | シマママ #79D/WHSg [ Edit ]
奥が深いですね。
スパイスを手に入れるために戦争が起こったって歴史でやりました。
(かなり昔だけど。。。)
食欲が無くても香り嗅ぐと急に食欲湧いてきますよ。
カレーは市販のルーだけで作りますが、ちょっと加えてみようかな。
2007/02/11 09:26 | URL | kero2 #79D/WHSg [ Edit ]
シマママさん、こんばんは☆
小粒でもピリッと辛い・・・くろこの姉は、そんな性格でしたが(笑)最近は年齢を重ねてまろやかに?なりました(^-^)丿
2007/02/11 21:25 | URL | くろこ #79D/WHSg [ Edit ]
シマママさん、こんばんは
本当に興味深い講座ですね。
歴史的な背景も同時に学べるのでしょうか。
香辛料の使い方よりもそちらの方に熱中しちゃいそうです。
大航海時代の幕開けとともに胡椒が欧州に持ち込まれ
さらに争いに発展したという歴史は学校で習いましたが
つくづく人間のアホさ加減を思い知りますね。
欲深い生き物です。私もそうなのですが(苦笑)。
今回は漢方の中でのスパイスということで
そんなに多くの種類があるのかなぁと思ったんですけど
私が知らないだけで様々なスパイスがあるんですね。
こういうスパイスを適時に使いこなせる人って本当にお料理上手ですよね~。
私も勉強してスパイスマスターになりたいなぁ、って思います。
2007/02/14 02:00 | URL | 雨がえる #79D/WHSg [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。