S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
10« 2015/11 »12

カレンダー&過去ログ

10 ≪│2015/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

シマママ

Author:シマママ
タイトル猫:
シマことシマ・マ・マーニャは2014年3月17日未明に永眠しましたが、これからもいつもどこかでシマママファミリーを観察していきます!

作成人:シマママ
ご縁があって、某鉄道会社の一般事務員として働いているOL。鉄道のことは詳しくないので、私に鉄道のことは聞かないでください…。多趣味。好奇心旺盛だけど飽きっぽいのがたまにキズ(^^;)。

作成人:シマパパ
シマママの旦那さん。PCとか、画像処理とか、イラストとか、そういうことが得意。

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

姫よ、お前もか。


新聞を読んでいると、邪魔しに来る。

姫もにゃんこだなぁ。
スポンサーサイト

お風呂のリフォームその4:できた~!


11月15日(日)。

ドア回りの化粧をしてもらい、ついでに壁も新しい化粧板で揃えていただき、薄暗い我が家のなかで、ひときわキラキラ輝く空間ができました!

接着剤が乾くまで、2~3日壁やドアの継ぎ目には触らないようにと言われたので、ワンにゃんが触らないようにお風呂場前に棚をおいたりしていて、数日間はお風呂の出入りが大変でしたが、それも今は外して、すっきりしました。

自動湯張りはいいですね!
帰って片手でピッとボタンひとつでお風呂の準備ができちゃう。
お風呂を入れている間に、1つ2つ作業しても「お風呂溢れてないか見てこなきゃ?」という心配が要りません。

また、浴槽が良いんですよ~。
私の身長だとちょうど良い。
ゆったり入れて、浴室内も明るくなったので、お風呂での読書をまた始めました。
排水溝の掃除も楽チン!
お風呂からあがるまえにササッときれいにできます。
床も半日ほどで乾くので、いつも清潔、サラサラです。


あとは、小物の交換が2点、残るのみ!

1つはシャワーヘッド。
シャワーヘッドだけ、元々入れる予定だったユニットのものをつけてもらっていたのですが、実際につけてみたら少し長さが合わなくて、隙間ができてしまいました。
パテで埋めてもらったのですが、シャワーを使うと隙間から小便小僧のようにピューっと水が漏れるので、シャワーヘッドは正規品に戻してもらうことにしました。

もう1つはカウンター。
角がすこーし欠けていたので交換してもらう予定です。

なんだかんだありましたが、なんだかんだあったおかげもあり、まずまずお気に入りのバスルームになりました(*´∇`*)。

湯張りが簡単なので、どんなに遅く帰ってもお風呂に入るようになりましたし、入ればついつい長湯になってしまうので、睡眠時間が入浴時間にシフトしていてちょっと寝不足気味です(笑)。

小物の交換を終えて、手続きも終えたあとは、半日程度の内覧会を行う予定です(内覧会をやることで、かなり値引きしてもらえたので…)。

早く内覧会まで無事に終わらせたいです。

お風呂のリフォームその3:11月12日、13日

まだ、入り口は廃墟っぽいけれど、お風呂には入れるようになって4日目。

シマママが会社で仕事をしていたら、シマパパから
「お風呂に入ろうと思ったら、リモコンパネルの電源が入らない」
と電話がありました。

取説を読んでも原因がわからないということで、ガス器具メーカーさんに問い合わせ。

その日はシマパパも出かけなければならなかったので、翌日、点検にきてもらうことになりました。

翌日、13日(金)、ガス器具メーカーさんが点検したところ、ガス給湯器には問題がなく、電気工事が不完全であることが判明。

雨が降れば漏電の危険もある状態で、メーカーさんいわく

「電気の欠陥工事ですね。」

とのこと。

その日、仕事もキャンセルして作業に立ち会っていたシマパパ。
これまでの色々もあった上、漏電してもおかしくないような危険な工事がされていたことにかなりムッときて、お風呂の業者さんに電気屋さんと共に至急来るよう連絡した上で、消費者センターに問い合わせしたそうです。

これまでの経緯を話したところ、漏電は火災の原因となるなど人命に関わるためとても問題がある、と言われ、関東電気保安協会に連絡するよう勧められました。
関東電気保安協会からは、業者さんが来た時に、一緒にチェックすべき項目をアドバイスされたそうです。

お風呂の業者さんと電気屋さん到着後、確認すべきことを確認し、直すべきところを直してもらいました。

聞けば、前回の作業には、電気工事の専門家がいなかったのだそう。

それであんなにブレーカーが落ちたのかなぁ。

ガス屋のおじさん夫婦は、とても人の良い方々だったので怒れないけれど、電気については詳しくなかったんだな、と思いました。

ほんと、なかなかうまくいかないものですね。

新しいお風呂になるのをすごく楽しみにしていただけに、あれこれケチがつくようで、がっかりした気分になる出来事でした。

残りの作業はあと1日(のはず)。

うまく行くのかな~。
と、疑心暗鬼になりながら日曜日を待つのでした。

お風呂のリフォームその2:11月7日、8日


お風呂リフォーム記録2回目は2度目の工事のお話です。

11月7日(土)はガス工事でした。

気の良さそうな少し年のいった風なご夫婦が作業にお見えになりました。

いざ作業が始まり、壁に穴を開け始めたとたん、ブレーカーがバチン!と落ちました。
その後、何度も何度もブレーカーが落ちて作業が進みません。

私もシマパパも電気のことなど詳しくないので、対処法もわからず。
そのうち、ガス工事のおじちゃんが考えた方法でどうにか作業を進めたものの、結局、その日のうちにガス工事は終わりませんでした。

しかし、そこは想定内でした。
当初より、もしかしたらガス工事は2日にわたると言われていたので。

翌日、小雨のなか、ガス工事のおじちゃん夫婦は早朝からスタンバイ。
8時頃から作業を始めました。

ここでガス工事のおばちゃんから予期せぬことを言われました。

「ガスも水も止めますけど、すぐ止めて良いですか?」

少し考えれば思い付くことですが、考えていなかったので慌てましたね~。
いつもより多目に水を貯め(いつも災害に備えて少し貯め水はしています)、調理中だった食材を片付けました。
突然、ガスが水とガスが絶たれるとこんな感じかぁ、という災害気分を少し味わうことになりました。


9時過ぎにはユニット搬入部隊も到着。
作業を始めました。

すると、昨日同様、ブレーカーダウン祭りです。
電気ドリルが唸ると、とたんにバチン!とブレーカーが落ちます。
そのつど、近くにいる人がブレーカーを上げていましたが、しまいには、ブレーカー係がついていました(苦笑)。


なんとか昼過ぎにガス工事が完了。


しかし、設置部隊が終わりませんでした。
なんでも、本来は二人で行う作業を一人で頑張っていたとのこと。

お風呂には入れるけれど、
入り口の化粧板がはめられず、入り口部分だけコンクリートやネジがむき出し、元々の壁とユニットの隙間もむき出しの状態で、この日の作業は終了となりました。


完成までの道のりは遠いなぁ…というところで、次回に続きます~。

画像は未完成の入り口と使えるようになった新しい浴室です。
さっそく、春と桜が「ヒャッホーイ!」と探検しに入っているのが分かるかな?


お風呂のリフォームその1:10月22日


気づいたら2ヶ月以上、更新していませんでした!

なんだか忙しい毎日ですが、我が家のみんなは元気です。

なんとなく慌ただしい毎日のなか、お風呂をリフォームしました!

数年前からガス給湯器が不調で、ガス管の劣化からガスの出が悪くなり、ガスがたまってから「ボンッ!」と音を立てて点火する爆発点火がたびたび起きたり、ガスの使用中にガスが勝手に止まったりしていたんです。

給湯器だけ交換しようか悩みましたが、どうせ工事するなら、と、思い切って全面的にリフォームすることにしたのが9月下旬。

見積りを取って、業者さんを決めて、壁の色や浴槽のタイプなど色々決めて。

10月22日(木)に古い浴槽を外して、23日(金)にガス工事が入って、24日(土)には新しいユニットバスが入り、お風呂にも入れるようになるはずでした。

しかし…。

ちょっと想定外のアクシデントが続いたんです。

結果的には、予定よりグレードの高いお風呂になったりしたので、笑い話になりつつありますが、「お風呂のリフォームにはこんなことが起こりうる!」という記録も兼ねて顛末を残しておこうと思います♪

★★★

この画像は10月22日(木)の画像です。
ここまで作業したところで、業者さんから驚きのお話が?

「用意していたユニットバスだと、大きさが大きくて入らないことが判明しました…。」

え!そんな?

たしかに最初の見積りでは、その2段階小さいユニットバスでした。

しかし、その後、シマパパが「もう少し大きなユニットで入りませんか?」と尋ねたところ、再度、業者さんが採寸してくれて、大きなユニットに変更してくれたのです。

「えー。入るって言ったじゃーん?」
という台詞も、最初は驚き過ぎて思い浮かばなかったほど、私にとっては想定外の話でした。

なんでも、通常、壁のタイルとコンクリートの間にはうっすら隙間があるのだそうです。
しかし、我が家の壁はタイルとコンクリートがびっちり貼り付いていました。
隙間の分も考慮してサイズアップできると業者さんは踏んだんだそうです。

しかし、入らないものは仕方ない。

業者さんからは、「新しい材料を今から発注すると2週間くらいかかる。在庫で入るサイズのものがあるから、それを入れてはどうか。」と提案されましたが、聞けば壁の色も何もかも私たちが考えていたお風呂ではないのでお断りしました。

だって、百数十万円もする工事ですよ。
先々のことを考えれば2週間くらい我慢したって納得いくお風呂の方が良いに決まっています。


私たちは改めて我が家の浴室サイズに合うユニットで材料を考え直し発注しました。

家の中は、ここだけ廃墟のまま(笑)。
工事現場の臭いとともに、次の工事日まで2週間の銭湯生活スタートです。


ただ、再度決め直すお風呂は、グレードアップしてくれることになりました。
2週間お風呂に入りに行く費用も考慮してくれることにもなりました。

2週間後、無事に工事は終わるのか?

今回はここまで~。





| HOME |