S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
05« 2014/06 »07

カレンダー&過去ログ

05 ≪│2014/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

シマママ

Author:シマママ
タイトル猫:
シマことシマ・マ・マーニャは2014年3月17日未明に永眠しましたが、これからもいつもどこかでシマママファミリーを観察していきます!

作成人:シマママ
ご縁があって、某鉄道会社の一般事務員として働いているOL。鉄道のことは詳しくないので、私に鉄道のことは聞かないでください…。多趣味。好奇心旺盛だけど飽きっぽいのがたまにキズ(^^;)。

作成人:シマパパ
シマママの旦那さん。PCとか、画像処理とか、イラストとか、そういうことが得意。

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝落ち


桜と春&姫のセッション中。


ニャンズケージに戻って桜にちょっかいを出していた姫が寝落ちしていました(笑)。


姫の左足に巻いているピンクのものはテーピングです。


2週間前にケージから落ちたあと、触っても嫌がらないし、桜とも活発に戦い、上手に逃げていて、痛みはないようなのですが、まだ最近も左足を地面につけない時があるので、昨日、獣医さんに相談したんです。


そうしたら、万一、ケージから落ちた時に骨折していても、骨はもうついているし、痛みも腫れもないところを見ると、生まれつきか、もっともっと小さいときに左足の骨の成長点を傷つけてしまい、骨のつきかたに影響が出てしまっているかもしれない、と言われました。


そのままでも、生活に支障はないけど、まだ若いから、テーピングで矯正できるかもしれない、とのことで、テーピングを試してみることになったんです。


気になるようで、テーピングをはがそう、はがそうとしていますが、跳んだり跳ねたり走ったりは今までにもまして元気いっぱい


少しでも、歩きやすくなってくれたら良いな。
スポンサーサイト

猛烈アタック


犬猫部屋の片隅にあるテレビ台。

単なる収納用品として使っていましたが、たまたま布団をテレビ台の上に畳んで置いていたら、春と姫のお気に入りの場所になってしまいました。

桜は、よほど興奮して助走をつけないとここへは上がれません。

それでも、春と姫にちょっかいを出したくてビョンビョン飛び付きます。

口を開けながら飛び付く様はさながらジョーズのよう…。

しかし、春と姫も負けてはいません。

わざと気を引くようなそぶりを見せて、桜を焦らしては、飛び付いてきた桜に猫パンチを浴びせます( ̄0 ̄;)。


だ~か~ら~。


もー少し、穏やかに遊ぶことはできませんかね~。


まあ、楽しいならそれでも良いんだけどさ。

おんなじだ。


新聞を読んでいると邪魔をしにくる。


猫も犬もおんなじなんですね( ̄▽ ̄;)。


今は、春と姫が便乗してこないのが不幸中の幸い。


これで春も姫もやってくるようになったら、新聞は木っ端微塵に破かれてしまうでしょう…。

猫パンチ炸裂!!


桜のケージの上に春と姫が乗っかっています。

桜はいくらジャンプしても、顔を出すのが精一杯。

春と姫はそれがわかっているので、余裕です。

それでも、桜に足をかじられたりするので、春が猫パンチで応酬しています(笑)。

画像だと、桜が春のパンチで吹っ飛ばされているのかと思うほど、桜の顔がブレブレですが、これは、桜が春と姫の足をかじろうと顔を振りながら飛び付いているから。

お互い、いい勝負、というところでしょうか。

ママとしては、もう少し優しい接し方が理想なんですけどねぇ。

この通り


昨日、犬猫部屋=ヒトの寝室に新しいエアコンがつきました!
シマは、家中、完全フリーにしていたので、暑い日は自分で家の中の涼しい場所を探していました。


ですが、桜と春&姫は、お留守番はそれぞれのケージで過ごしてもらっています。
犬猫部屋は、日当たりがよいので、これからの季節は熱中症が心配でした。
なので、思いきって壊れたまま何年も使っていなかった寝室のエアコンを変えることにしたんです。


シマママは工事の立ち会いのため会社をお休みしたので、工事後は試運転を兼ねてエアコンで除湿をしながらみんなで昼寝をしました(笑)。

エアコン、効きましたよ~。快適、快適♪
これで、暑い夏も安心です。


桜と春と姫が、みんなケージから出て、一室に集まっている状態ですが、みんな、それぞれの場所でのーんびりしていました。


春と姫もこの通り(^∇^)。先日アップした画像は自分たちだけだったけれど、桜がお部屋にいても、こうして超リラックスできるんです♪


この場所は春と姫のお気に入りです。
ここは、桜が背伸びしても顔しか出せない高さがあります。
たまに、昼寝から起きた桜が顔を出しますが、鼻をツンと合わせたりして、軽くコミュニケーションをとって、またそれぞれの場所でくつろぎ始めます。


私の憧れる川の字には、まだまだ遠いですが、こうしてみんなが一室で穏やかに過ごせる時間は、シマママにとって至福の時です(*^_^*)。

まだまだですなぁ


桜のケージの屋根に乗り、桜にちょっかいを出そうとしている春と姫。

桜は水を飲むのも落ち着かず、春と姫の様子を伺っています。

昨日は姫も積極的に下りてきて、そのたびに桜にくわえられていました。

桜は、最初こそ歯をカチカチ言わせながらあま噛みしているのがわかりますが、そのうち、首をグッとかんで押さえ込んだり、足を噛んで引っ張ったりします。

もしかしてなんですけど。

桜は、春と姫を獲物と思っているんじゃないか!?


と、思ったり。


何せ、狩猟犬であるミニチュアダックスの血が入っていますからねぇ。


怖い、怖い((((;゜Д゜)))。


姫は、桜が絡んでくるなり「シャーッ」と言って猫パンチをくりだし(ただし、寝転んだままという怠惰さですが…)、最後は高い場所に移動しますし、
春は、おとなしく噛まれるだけ噛まれて、我慢できなくなると「ミャー!」とか「キュー」とかいって高い場所に逃げ出しますが、
2匹ともすぐにまた床面に降りてきます。
桜のことなど眼中にないかのように、2匹で遊び始めてしまうこともしばしば。


2匹とも、桜を怖いと思っているわけではなさそうなんですよねぇ。


こうしてみると、春と姫が、「桜のお相手をしてあげている」みたいに見えなくもありません。


桜の方が3か月もお姉さんのはずなのですが…。
大きさで言えば、桜の方が断然大きいし。
桜はお子さま体型で、頭でっかちなので春と姫を加えていると、見ているこちらがヒヤヒヤしまするのですけれどね。


1回のセッションは、一時間くらいを目安にしています。
終わる頃には、桜の唾液で春と姫がびしゃびしゃになっていますf(^_^;)。


その姿を見ると、ほほえましくもあるのですが…。


それにしても、家族みんなで川の字になる日は、まだまだ先になりそうですなぁ。

憩いのひととき


お部屋解放中の春と姫です。


のびーーーーん♪


桜は別室でお昼寝していたので、追いかけ回されたりしませんから、心いくまで伸びていますね。


桜と春&姫のセッションですが、桜がまだはしゃぎすぎてしまうようで、姫はすっかり高見の見物状態。
春は果敢に桜と接触してきますが、桜がしつこく追い詰めるので、ヒトがいないと春が逃げようにも逃げられない状態です。


まだまだ、彼らだけにすることはできないし、短時間から進めていかないと、ニャンズが桜を嫌いになってしまいそうで…。


先は長いですからね。


焦らずゆっくり時間をかけて。


短い時間から慣らしていかないとなぁ、という感じです。


焦らずに、焦らずに…(⌒‐⌒)。

朝から


朝から取っ組み合う桜と春です。


時折、桜のテンションが上がって、春の足に噛みつき、引きずろうとします。

春は「イヤ!」と鳴くもののお腹お見せてひっくり返ったままだったりするんですが、あんまり桜がしつこいと高いところへ登ってしまいます。


シマパパから「春や姫が高いところへ避難しようとするときに、桜が追い詰めるときはレフェリーストップをかけるように。春や姫が嫌な思いをすると、犬が嫌いになるから。」と指導を受けたシマママ。

実は昨日から熱があるのですが、「だるーい」と言いながら、桜と春の監視をしています( ̄▽ ̄;)。


ただいま、姫は、足の様子を見つつ参加させるため、ケージに残しています。


まさに高見の見物状態です。参加したいとそわそわし始めたら、出してあげようと思います。


昨日は桜も春も姫も、ぐったり疲れて良く眠っていました。

今日も長い一日になりそうです。

初セッション


昼頃から夕方まで、ケージのある部屋で桜と春と姫を会わせてみました!!


桜が春や姫の匂いを嗅いだりしてファーストコンタクトは良い感じ♪

…でも。

「楽しい、楽しい!」

と、桜のテンションが上がってくると

「ワン!キャン!キャン!」

と鳴くは、飛び付くは、それはもう大騒ぎ。

最初こそ、尻尾をボンボンに膨らませて「シャー!!」っと威嚇していた春と姫も、だんだん「うっさいなー」みたいな感じになって、桜が届かないところへ登ってしまいました( ̄▽ ̄;)。


でも、すぐに春が降りてくるんです。
春がちょっかいを出しては、桜が春を追いかけ回す展開。
姫は時折参戦して、桜がしつこく追い回すと高いところに逃げる、の繰り返し。

春は私やシマパパに登ってくるので、追ってきた桜が私に体当たりをしてきたりして、たびたび追いかけっこに巻き込まれてしまいました(ーー;)。


セッションの途中、姫がよじ登ったケージから上手く降りれず、前左足を痛そうにし始めたので、獣医さんに診てもらいにいきました。

ついでに、春も紹介しようと思い、2匹を籠に入れて外出。

そうしたら、桜は、すごく淋しそうにキャンキャン鳴いてついてこようとしたんですよ。
何だかんだいっても、桜としては2匹と一緒にいるのが楽しかったんでしょうね。


さて、診察の結果、姫の足は問題なし、と言われました。
一週間くらいは、足をつけづらそうにしているかもしれないけど、気にしなくて大丈夫だそうです(^∇^)。
万が一に折れていることがあっても、子猫はすぐに治っちゃうんだよ、とも。

結局、春と姫の2回目のワクチン接種だけして帰宅。親切な獣医さんなので、お代はワクチン代だけでした。

本当に助かりますm(__)m。


帰ったとたん、桜は春と姫に猛アタック開始!


姫はちょっと相手をして、すぐに桜の届かない場所でお昼寝を始めてしまいましたが、春は、のらりくらりと桜の相手を始めました。


テンションが上がってきた桜は、春の首や足に飛び付き、噛みつきます。
甘噛みなんでしょうが、時折、くわえたまま引きずる仕草をします。

さすがに心配になって、何度か桜を止めに入りましたが、当の春が全く気にしていないんです。

それどころか、桜にちょっかいを出しまくるし、桜が飛び付いてきているのに、別のオモチャに気が向いて、オモチャで遊び出すこともw(°O°)w。


かなり激しくもつれ合っているように見えたけれど、単にじゃれあっているだけだったのか、春がすごく鈍感なのか!?


春が、桜お気に入りのソフトハウスでウトウトし始めたので(どこまでも大物!)、今日のセッションは終了することにしました。


桜が興奮しすぎなくなるまでは、私やシマパパがいないとダメですね。


ケージ越しで慣れるまで2週間近くかかりました。


直に接しても普通にしていられるようになるまでも、同じくらい、いや、それ以上に時間がかかるかもしれません。


お互いに、興味はあるし、嫌いでもないようなので、セッションの回数を重ねていきたいと思います。

いよいよ


昨夜の桜と姫です。


良い感じ♪


今週末、私とシマパパがいる状態で、みんなをケージの外で会わせてみる予定です。


初セッションを前に、一昨日、春と姫の爪切りをしました。
まだ、何本か切り損ねているので、セッション前に切らなくちゃ。
じゃれているつもりでも、猫パンチで犬の目が傷つくということが多いのだそうです。


桜と春&姫。ケージ越しの感触は上々です。


柵という防具がなくなっても、みんな大丈夫かな?


明日が楽しみです。

なぜゆえ。


なぜゆえ。

桜は春&姫に見せびらかすように骨型ガムをかじるのか?


このガム、桜のチョーお気に入りなんですよ。


かじったまま、家中、隠し場所を探してウロウロするくらい。


そのガムを

「いいでしょ~♪」

と言わんばかりにかじって見せています。

自慢してるのかしら?
それとも、遊びに誘おうとしているのかしら??


春&姫はガムに興味があると言うより、桜に興味があるのだと思いますが、ケージの1階に集まってきました。
春は桜に向かい、手を伸ばしています。


桜と春&姫の距離は、確実に近づいているように思えます。


このあと、桜はケージに近づいて、春と鼻を合わせ、姫の鼻をちょこっと舐めました。
今まで、春の方が積極的に桜にちょっかいを出していたので、姫とお近づきになれたのは、かなりの前進です。


焦りは禁物ですが、シマパパがいる時なら、桜がどれだけ暴れても押さえ込めるので、みんなを部屋に放してみてもいいかもね、なんて話を始めています。


ケージがなくなったらどんな反応をするかな?
みんなエネルギッシュだから、良い遊び相手になると良いのだけれど。

元気いっぱい!


普段はケージ暮らしの春&姫。

初日こそ、ケージのなかでの上下移動がしづらそうでしたが、今では跳んだり壁づたいに移動したり、動き回れるようになりました。

桜が散歩に行っている間は、部屋に解放していますが、2匹だけで取っ組み合って遊んでいます。

保護してくれたお宅にも、元気に遊ぶ姿を見せてあげたいなぁ、と思い、写真を撮ってみるのだけれど、動き回っているのでまとまに撮ることができません(>_<)。

なので、残像みたいな画像になっていますが、2匹はとっても元気です♪

桜が吠えない!その上…


昨夜のこと。

桜に異変が!!

ニャンズケージの前で吠えない!ほとんど。

それどころか、ケージ越しに春とじゃれている!ように見える。


春がケージから鳴きながら手を出せば、桜も近づいて鼻を出す。


なんだ、なんだ。

この急激な変化は!


夜も遅いから、寝ぼけてるのかな?


要、経過観察。

雨のなか…。


梅雨ですねぇ。
梅雨。

ワンコの散歩に行けないじゃないかぁ。

桜が散歩に行けないと、なかなか春&姫もお部屋解放できないのですよ…。

そんなことを考えながら桜もニャンズもケージに入れて外出したのですが、家に戻った時には雨がやんでいました。

今だ!!と思い立って、桜とお散歩へゴー。

が、やはり途中で雨が降り始めてしまいました。

とはいえ、まだ傘がなくてもいいなぁ、くらいの雨だったので、近くの商店街へ。

さほど大きくないアーケードの下をひたすら行ったり来たり、行ったり来たり^-^;。

21時を過ぎていて、シャッター通りと化した商店街は(もともと灯が消えるのが早い商店街です)、人もほとんど通らず、うろうろするには持ってこいでした。

行ったり来たりを繰り返すうちに、桜もちょっと走り回ってみたり、そこそこストレス発散できたようでした。


商店街と家の間は濡れざるをえないけど、そこを乗り越えられる程度の雨なら、なかなか都合の良い場所を見つけたなって感じです。

犬を飼っている方々って、お散歩できない雨の日は、どんな風にしてワンちゃんの気分転換をさせているのかな?

1日、2日は散歩に行かなくてもいいけど、梅雨時なんて毎日ですものねぇ。

どうしてるのかなぁ?

ケージ越しに


今日から、ブログでの名前表記を漢字にします♪
その方が、名前に込めた季節感が分かりやすいのでは?というシマパパの提案です。



さてさて。

桜は相変わらずニャンズに向かってギャンギャン吠えています( ̄▽ ̄;)。

散歩から帰ったら真っ先にニャンズのケージ前に行ってワウワウ!

1階で寝ていて、起きぬけに寝室まで走っていってワウワウ!

でも、距離は確実に近づいているんじゃないかと思います。

こうして、桜がケージに飛び付き、ケージからは、春が応戦するシーンも見られるようになりました!

まだまだ、桜と春&姫を完全フリーにはできませんが、近い将来、お互いに、いい遊び相手になる予感はしてきました。

それにしても、桜の吠える声は響くなぁ。

今は、自分の存在を主張しあい、お互いの存在を認め合う時期と考え、あえて犬猫の間に入らないようにしているのですが、桜が時間構わず吠えるのがたまにきずです(>_<)。

お隣様が犬好きの良い方で、我が家の事情も飲み込んだ上で「多少のことは問題ないですよ」と言ってくださっているのですが、さすがに毎晩のように夜中吠えるのが申し訳なくて…。

みーんなのために、桜が1日も早く落ち着いてくれることを期待するばかりです(-o-;)。

ちょっとずつ、ちょっとずつ。


今日もさくらは絶好調!!
はる&ひめにむかって吠える吠える(^^;)。
でも、どうです?
ちょっと、距離が近づいた気がしませんか?
見えにくいですが、はる&ひめは二段目にいますよ。

ちょっとだけなんですけどね。
さくらは、たまーーーーーーに、はる&ひめのケージのそばで、ガムを噛んだりもするようにもなってきたんです。

ちょっとずつ、ちょっとずつ。
さくらとニャンズの距離は近づいてきているのかも知れません。

ニャンズはといえば。
できるだけ、さくらの散歩時間はお部屋に解放するようにしています。
とても活発な2匹。
兄妹で来てもらったのは大正解で、2匹で勝手に遊びまくります。

はるは、ジャンプが苦手だけど、どこでもよじ登ってしまう。
さっそく、3段チェストの最上段(高さにして1メートルくらい?)にある猫ご飯をいれているケースを見つけて、よじ登るようになってしまいました。

はるがいない、と思ったら、ご飯ケースの中で、カリカリの小袋に埋もれて幸せそうにしていましたよ(^^)。

シマはそのケースには全然興味を示さなかったんです。
よくよく考えたら、背伸びして充分届く高さだったのに。
体も大きくて、とうていケースに入らないというのはあるのですけれど。
いつまでも私の子ども、永遠の幼稚園児とシマのことを思っていましたが、しっかりおばさんになっていたんですね。

さくらも子猫もまだまだお子様です。
さくらは何でも口にいれちゃうし、はる&ひめは何にでもよじ登っちゃう。
好奇心のかたまりです。

その好奇心で、どんどん距離を縮めてくれると良いなぁと思う、シマママなのでした。

間違い探し…ではありません。


猫ケージを見上げて吠えるさくら。

前回と同じ画像を使い回したわけではありません。

さくらの全身も写っているし、
はるひめコンビは見えにくいけど3階で並んで伏せっています。
中段に見える物体は、3つの箱を積み重ねた階段です。
前回の画像には、階段がなかったでしょう?


はるはジャンプが苦手(ひめが得意すぎるのかな?)で、2階と3階を行き来するのに危なっかしく壁を伝っていたので、上下運動しやすいように階段を作ってみたんです。


と、いうことで、この画像はまさしく、前回と同じ画像ではありません。


はるひめコンビがやってきて、2日がたちました。


まだまた、さくらとの距離は縮まりません。


まあ、当然といえば当然。

まだ2日ですからね。


昨日は、シマパパがさくらを連れて何時間も散歩に出かけてくれました。


その間、はるひめコンビを部屋に放してみました。


やはり、兄妹でもらったのは大正解!


2匹で楽しく遊んでくれます。


さくらが散歩から帰る前に、はるひめはお腹が空いたみたいで自分たちからケージに戻りました。


その後、帰ってきたさくらは、まっさきにはるひめのケージの前へ!!


ひと吠え、ふた吠えして居間に戻ってきました。


「やっぱりまだいた!」って感じなのでしょうか。


どれくらいで、お互いにいても当然、と思えるようになるかな。


家族3匹+2人で川の字になって寝られる日を夢見て…。

一夜開けて




はる&ひめがやってきて一夜明けた今日。

相も変わらず、ケージ越しに「ギャンギャン!」「シャー!!」のご挨拶がつづいています(^^;)。
分かりにくい画像ですが、右下にさくら、左のケージ中断にはる、上段にひめがいます。

はるひめコンビが保護宅さんにいた時は、ひめがおっとりマイペース、はるがやんちゃ坊主だったようですが、我が家に来てからは、はるはおっとり、ひめがしっかりといった印象になりました。

前に出て「シャー」というのはひめの役割。
はるは、耳を寝かせていてもめったに「シャー」はしません。
ついでにいうと、ひめのほうが活発で機敏。
まだ小さいから、ケージ内の段の行き来は難しいかと思っていましたが、ひめは最初から上に、下にとジャンプできました。
はるは、かろうじて降りれるものの(落ちる感じ?)、上にジャンプするのが苦手で、壁をよじ登って上段に移動しています。

さくらは、お友達とのコミュニケーションが今一つうまくなくて。
すぐに、散歩でワンちゃんに会ってもギャンギャン吠えちゃうんです。たぶん、威嚇しているわけではなくて、興味津津なだけなんですけど。
しっぽをブンブンふって「ギャンギャン!!」。
その声に、最初はケージのなかでしっぽを太くしていたはるひめコンビでしたが、一夜明けて「ケージにいれば直接会うことはないね」と安心しているのか、「シャー」とは言いつつも、しっぽも耳も普段通りになりました。

はるひめは兄妹コンビなのに対し、さくらは一人ぼっち。
そんなところでも、若干さくらの方が負けぎみといった感じです(^^;)。
先住犬なので、尊重しているのですけれどね。

いましばらくは、ケージ越しのご対面を続けてもらう予定です。
お互いの認識ができて、迎え入れてもらえるように。

家族3匹と2人、みんながみんな、それぞれに頑張っています。
みんなで寄り添って眠れるその日を楽しみに…。

そして、さらに…。




さくらから遅れること2カ月。
真夏のような暑さだった5月31日にこの子たちも我が家にやってきました。

いつもお世話になっている日ノ出町の中華料理屋「第一亭」の妹さんの娘さんが保護した野良猫ちゃんが生んだ五つ子のうちの2匹の子猫ちゃんです。

きっかけは、シマが他界したことを第一亭さんに報告しなければ…とお店に行った時のこと。
お店に入るなり、妹さんが「うちの娘がまた野良猫を保護しちゃってさぁ。しかも、その子がどうもお腹が大きいらしいのよ。もしかしたらうちにまた新しくせわしないといけないかも知れないのよ~。」と話しかけてきたのです。
私たち夫婦は「キラリーン!」と目を合わせました。
「いや、実はうちのシマが他界してしまいまして…。ついては次の子を考えてるんです」とお話ししたところ、とても喜んでいただきまして。
「ちゃんと生まれるかも分からないけど、ぜひもらって欲しいわ!生まれる前から飼ってもらえる人が決まるなんて、なんて運のいい猫なんだろう!」と。

その後、野良ちゃんはヒトの入りにくいところで子猫を産み落としたそうです。
娘さんやそのお子さんたちの努力により、野良の母猫と子猫たちは保護され、娘さん宅で育てられました。
母猫も一緒に保護したので、しっかり母乳で育った5匹の子猫たち。
後から知ったことですが、この子たちが生まれたのは3月16日頃だそうです。
まさに、シマの生まれ変わりではありませんか!縁を感じずにはいられませんでした。

「次に猫と暮らすなら複数匹」と考えていたので、2匹を迎えることにしました。
「3匹どうですか?」というお誘いを受けたのですが、縁あって、先にさくらが来ていましたので、2匹にしました。
子犬って、思っていた以上に大変だったんですよねぇ(^^;)。

さくらとの相性なども考えて、いよいよ昨日(5月31日)に2匹の子猫がやってきました。
名前は、ひめとはる。
ひめは、保護宅さんで呼ばれていた名前をそのままいただきました。おっとりしていて、姫っぽいんです。
そして、はるは、春生まれのはる。
さくらと、ひめと、はる。桜、姫、春とひなまつりっぽい春らしいトリオの誕生です!

さくらがやんちゃ娘で、すぐに吠えちゃう(お散歩中も犬と会うと吠えちゃうんですよ。興味あると興奮するみたいで…)ので、当面、ひめとはるはケージで過ごしてもらいます。
お互いの存在に慣れてきたら、少しずつ生で接してもらう予定です。

ひめ、はる。我が家へようこそ!
シマ、ますます賑やかになっちゃうけど、暖かく見守っていてね♪



実は…




実は、満開のさくらが印象的だった3月31日に新しい家族を一匹迎えておりました。

シマが3月17日未明に他界したのち。
生き物のいない暮らしに耐えきれなかったシマパパとシマママは、新しい家族探しを始めました。
実は、ずっと前から犬を迎えたがっていたシマパパ。
シマが超人見知りだったので、シマママがシマがいる間は他の犬猫を迎えないと言っていたため、シマパパは我慢してきました。
だから、今回、新たな家族を迎えるにあたっては、犬も猫も同じ時期に迎えようということにしました。
そして、ネットを通じてめぐりあったのがこの子。
満開のさくらがとってもきれいな日に迎えたので、「さくら」と名付けました。
四国で保護されたミニチュアダックスちゃんから生まれた女の子。
パパはダックスちゃんと一緒に保護された豆芝ちゃんと思われるそうなので、豆芝×ミニチュアダックスのミックスというちょっと珍しい子です。

可愛い顔だけど、超やんちゃ娘。
犬と暮らすのが久しぶりで、室内飼いが初めてのシマママには、「犬って、こんなに育てるの大変だったっけ?!」と戸惑う毎日ですが、悩んだり、楽しんだり、忙しい日々を過ごしています。

さくら、我が家へよく来てくれました!ありがとう。
シマ、賑やかになってしまって落ち着かないかもしれないけど、見守っていてね。


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。